FC2ブログ

ブログPBM Lost Old

個人運営企画PBMだかWだかの試用サイトとなります。ブラウザ倍率100%推奨

【コモンシナリオ】幻想の遊園地【戦闘無し】

幻想の遊園地【戦闘なし】


マスター:菊華 伴




 
 まんげつ造りと桐生産婦人科医院の間に、『桜木ファミリーランド』という遊園地があった。まだ大人が生きていたころは沢山の親子連れでにぎわっていたようだが、現在はそこで働いていたアルバイトたち数名で、どうにかアトラクションの手入れをし続けているにとどまる。
 大人が死滅して以降、だれもお客はこない。それでも再び遊びに来てくれるだろう子供たちのために、生き残ったスタッフ(アルバイト)たちが、できる限りの手入れをしていた。
 故に、目玉であるジェットコースターと大観覧車は動かすことが出来ないが、他のアトラクションは稼働していた。

 * * * * *

「お化け屋敷よし、バイキングよし、メリーゴーランドにミニ列車よし。それから動物広場もよし……」
 スタッフの一人……他の者から『チーフ』と呼ばれている……は、あちこちにあるアトラクションの様子を確認していた。すると、ポニーテールを揺らした女性(便宜上、ポニテと呼ぶ)が、裏手から現れた。
「ねぇ、思ったんだけどさ」
「ん?」
「遊園地、整備し続ける意味ってあるの? チーフがネットに宣伝しているのは知っているけど」
 ポニテの言葉に、チーフは肩を竦めた。まるで「何を言っている?」と言わんばかりの行動だ。
「じゃあ君はここから人のいる場所に移り住めばいいじゃないか。僕は、子供たちのためにやってるんだから」
「……気持ちはわかるんだけどさ。今日、点検したらコーヒーカップが動かなくなっていたのよ」
 ポニテがため息交じりにいい、調査報告をチーフに手渡す。チーフはそれを読むと、すぐさまコーヒーカップの方へと赴いた。
 コーヒーカップの周りには、数名のスタッフたちが話し合っていた。コーヒーカップを修理するのか、それともこれ以上何もしないのか。チーフはそんな彼らを押しのけ、徐に制御系統などを調べ、修理を始めた。
 あまりにも自然な態度だったので3人も、あとから追いかけて来たポニテも言葉が出なかった。チーフは黙々と修理を続けると汚れた頬を軍手で拭い、「よし」と小さく頷いた。
「これで動くはずだ。やってみろ」
 チーフの言葉に、三人いたうちの一人で、メガネをかけた若者(以後メガネと表記)に指示を出す。メガネは「は、はい!」と緊張した様子でスイッチを入れる。すると、コーヒーカップは音を立てて動き始めた。
 軽快な音楽に乗ってくるくる回るコーヒーカップ。その光景にスタッフたちが沸き立つ。だが、チーフだけは黙って様子を見ていた。
「これなら、まだいけますかね」
「いや、たぶんそろそろ寿命だろう」
 メガネが期待のこもった眼差しを向けたが、チーフは首を振った。彼は僅かに聞こえたモーター音の異常に表情を曇らせる。
「クリスマスから年末にかけて。これが最後だ。年が明けたら……」
 チーフはそこまで言うと、とても悲しい顔で告げた。

 ――この遊園地を、閉鎖しようと思う。


「桜木ファミリーランドか……」
 朝比奈 愛依がどこか懐かしそうにつぶやいた。彼女もかつては家族で遊びに行っていた。幼いころは、よく連れて行ってもらっていたのを思い出し、少し寂しい気持ちになる。
 だが、今は……頼れる大人がいない中、子供たちのリーダー的存在として、がんばっている。顔を上げた愛依は、普段と同じように冷静な表情を見せた。
「先ほど、SNSに投稿があった。アトラクションの老朽化に伴い、年末の営業を最後に閉鎖するらしい」
 それでもどこか遠い目をした彼女は、どこか寂し気な声で語ると、パソコンを開き、インターネットに接続して、『桜木ファミリーランド』のホームページを開いた。
 アトラクションとしてはメリーゴーランド、お化け屋敷、ゴーカート、コーヒーカップ、バイキング、ミニ列車、ジェットコースター、大観覧車があるもののジェットコースターと大観覧車はもう動かなくなっている。
 その他、ミニ牧場があり、ヒツジとヤギ、ポニー、ウサギ、モルモットがいる。餌も十分あるようで健康状態がよいらしい。
「……桐生 辰巳もこどもたちをつれて遊びに行く予定らしい。私たちも同じ日に幼い子供たちを連れて行こうと思うのだが……」
 愛依の言葉に、召喚者たちは顔を見合わせた。


――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

菊華です。
今回はクリスマスと年末年始……という事で、遊園地を舞台にしてみました。ただ、この年末が最後の営業となります(大人の手が入らないため、老朽化が進んでいるみたいです。以後、残ったスタッフたちは動物たちと共に生きられる場所を探すようです)。

 今回、みなさんは12月 25日、子供たちの引率として遊園地に行きますが……目的としては遊園地を楽しもう! というものです。引率云々を抜きにしてどう楽しむかをアクションに書いてください。

 また、この日はプレゼント交換というイベントも行われるようです。プレゼント交換に出す品を必ず書いてください。
例:くまのぬいぐるみ(白い熊のぬいぐるみで赤いリボンがかわいい)

※次のNPCをお誘いすることも可能です
・朝比奈 愛依
・夜桜 切菜
・桐生 辰巳
・ヨアン・ウォン
・緒方 唯我

遊園地にあるもの

稼働しているアトラクション
メリーゴーランド、お化け屋敷、ゴーカート、コーヒーカップ、バイキング、ミニ列車
その他、ミニ牧場(ふれあい広場)があります。

その他、ポップコーンなど軽食や桜木ファミリーランドのお土産などがある売店があります。奥の方には小規模のゲームセンターもあるようです。

またオープニングには書きませんでしたが裏手には手入れがされた花壇がいくつかある公園があります。そこでのんびりしてもいいでしょう。

それではよろしくお願いします。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2019/01/22(火) 00:38:00|
  2. リアクション

【重要】参加受付期間につきまして

いつもありがとうございます。
運営スピードが亀の如しの現在ですが、いのししの如くなんとかスピードアップする方法を模索中です。
今年もよろしくお願いいたします。

表題の件につきまして、
2019年1月8日より、システムを変更させていただきます。

これまでは、
参加受付期間はシナリオガイド公開より2日間でしたが、

それを、参加人数制限なしのシナリオ、もしくは募集人数に達していないシナリオのみ、

「アクション投稿締め切り日の正午まで受け付ける」と変更いたします。

繰り返しになりますが、受付は正午までです。
ガイドの参加者名簿への反映は少し遅くなる場合がありますが、正午までに送信していた場合、その時点で参加決定となります。
アクション締め切りまでに、入金とアクション投稿を完了してください。

急な変更で申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。



  1. 2019/01/08(火) 01:00:46|
  2. お知らせ

緒方唯我(NPC)

準備中 <名前>
   緒方唯我(おがた ゆいが)
 <性別>
   男性
 <年齢>
   20
 <どこから来たのか>
   ネヴァー星
 <種族>
   人間
 <身長> 160cm    <体重> 53kg
 <口調>
   初対面の人、子供以外には敬語(地:~だよ、~だよね)
 <一人称>
   僕
 <二人称>
   ~さん

 <性格>
   素直。普通。






決め台詞

なんでもやりますよ! あれ、どこからか「ん?」という声が……

自由設定

通称「ぎりレア」の召喚者。
ある一定年齢(大体十代半ば)で成長が止まり、病気はなく、事故(怪我)か寿命でしか死なないという星の出身。
普通。
どこまでも普通。
普通の家庭で育ち、普通に学校生活を……どうやらいじめられた経験があるらしい。その為かおどおどびくびくしている印象が強い。
だが、名前の通りに我が強い一面もある。キレたら周りなんか知ったこっちゃない。……らしい。が、キレたところを見た人は誰もいない。
最近は生活に必需となる施設の仕組みについて勉強している。

召喚される前は母や姉達に囲まれて毎日を暮らしていた。
その影響かかわいいものや女装に抵抗がない。ぬいぐるみとかマスコットが好き。
そっちの気はなく男の子。普段はメンズの服を好んで着ている(でもどこかふわふわしている)。

  1. 2019/01/01(火) 12:02:30|
  2. NPC

プロフィール

sawaki

Author:sawaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
スケジュール (2)
PC (23)
クリエイター募集 (1)
お知らせ (12)
ストーリー (3)
シナリオの遊び方 (7)
マスターページ (4)
NPC (12)
クリエイター一覧 (3)
イラストレーターページ (7)
シナリオガイド (1)
リアクション (25)
キャラクター別イラスト (7)
プライベートシナリオ (1)
武器 (42)
武器・スキル・アイテム一覧 (18)
スキル (36)
アイテム (8)
防具 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR