FC2ブログ

ブログPBM Lost Old

個人運営企画PBMだかWだかの試用サイトとなります。ブラウザ倍率100%推奨

【魔眼】ファントム・シャーク・トゥルーライズ(PC・織主桐夏)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


【魔眼】ファントム・シャーク・トゥルーライズ



このスキルは「ファントム・シャーク」として扱う事ができる

1シナリオに一度、召喚しているサメの幻影が1体のみの時、召喚​したサメを30秒間実体化させることができる
実体化したサメはどのような環境であっても普通のサメと同じよう​に活動でき、織主桐夏の意思で簡単な動作をさせる事ができる
召喚したサメの戦闘力は織主桐夏の想像力に依存する

召喚から30秒経つか、織主桐夏が自分で解除するとサメは消滅す​る
その後、シナリオが終了するまで「ファントム・シャーク」は使用​できず【魔眼】の使用回数も1回減る

*このスキルを使うまでに「ファントム・シャーク」以外の魔眼を​2つ以上使っていた場合、スキルは発動せず、左目は強制的に1日​失明する



スポンサーサイト
  1. 2018/12/28(金) 23:32:28|
  2. スキル

【コモンシナリオ】第六話 無貌のキマイラ(後編)

第六話 無貌のキマイラ(後編)


マスター:有沢楓花




 
 まんげつ造のある都市から離れたとある場所に、瀬織市という小さな市がある。
 中心部は都会的な賑わいを見せ、離れれば田畑や牧場も見られる、そこそこ都会、そこそこ田舎という何かにつけ便利な市だ。
 その「そこそこ田舎」な場所に、小川町はあった。


 パンデミック前後、小川町とその周辺では子どもが失踪する事件が起きていた。
 小川町とショッピングモールを繋ぐ道の確保及び失踪事件調査のため、とある町を訪れた小川町の面々と召喚者たちだったが、町長代理の長谷川 陽向(はせがわ ひなた)がキマイラに攫われてしまう。
 召喚者たちは町を探索し、三体のキマイラのうち一体・中型キマイラを倒す。
 しかし同時に、別の場所で陽向を発見した召喚者たちの前にも大型キマイラが現れた。
 場所は「ミナト製薬株式会社」。そこでは子どもたちが今も閉じ込められているという……。


                      *


 夕陽が建物の谷間に落ちていく。くっきりと浮かび上がる建物の影。遮られて頼りなくなっていく光量。それなのに鋭い斜角の光線が目を刺す眩しさに、手をかざす。
「今すぐ救出に動くか、それとも朝を待つか……とにかく土地勘もないのに夜中に突入っていうのはナシにしたいところだね」
 町長・立花 凪(たちばな なぎ)は眉をしかめた。
 視線の先で、大型キマイラはあの倉庫の天井に陣取って周囲を探すように見回している。
「陽向がキマイラの腹の中に収まる前に一刻も早く助けたいところだね。あの電話の内容が本当だとしても懸念材料はいくつもある。
 まず一見して口はないし、果たして人間を食べるのかも分からないけど、骨が転がってたんなら可能性はある。元々攫うだけの命令を聞いていたのかも怪しいけど、だとしたって今は命令する大人もいない。供給されているエサもないと思うし……」
 食べなくても玩具にして八つ裂きにすることは簡単だ。
 自分で言っていて最悪の事態を聞き手に連想させてしまう悪影響を考えたのか、立花は頭を振った。
「……まぁ、まずキマイラを退治するならその方法を探さなきゃいけない。
 できなかったら遠ざける方法を考える。外出時を狙うか、二手に分かれて引きつけつつ上から救い出すか」
 決意を込めた目で壁越しに倉庫を見上げると、今度は紙を取り出してさっと敷地の地図を書いた。
「ここが陽向のいる倉庫。こっちの大きい建物がオフィスだ。正面に見えるのが入り口。そして先のスマートフォンから得られた情報からすると……」
 建物の横に忙しく箇条書きにしていく。
「キマイラ専用出入り口。鉄格子の嵌まった子供たちがいる牢屋。その他の牢屋。事務所。キマイラのいる場所……キマイラは複数体いるって話だったね」
 ここで彼女は召喚者たちを見回した。
「召喚者の皆から特に案が無ければ、今すぐ、銃を持ってる者に囮になってもらう。私が窓から入って陽向と一緒に出る。その後合流、迎撃して足止めしつつ撤退。製薬会社の調査はまた日を改めて行う。
 さて、どうしたら良いと思う? 他に案があるかな?」


                      *


 陽向は、既にほぼ闇となっている室内から窓を見上げた。窓の側で倦んでいた大型キマイラがぴょんと飛んで、小鳥を捕まえる。手を頭に持って行くと、人間のような丸い頭部――その頭頂がぱっくりと裂けて、小鳥を飲み込んだ。しばらくして細長い何かがペッと吐き出されると陽向の目の前に落下し軽い音を立てた。スマートフォンで照らすと、それは筋がこびりついた骨だった。
 彼はそのまま何か使えないものがないかとスマートフォンで地面を照らして見回した。自分にあるのは、魔力を込めるタイプの拳銃が一丁だけなのだ。戦うには心許ない。
 仲間が自分の居場所を見付けてくれたという事実が彼に周囲を見る心の余裕を与えてくれた。
 転がっているのは骨やゴミ、それに餌用らしい金属の大きな金だらい。
 それから、床に金属の四角い蓋があった。取っ手を引っ張ると抵抗もなく開いた――というより、内側から押せばすぐ開くようになっているらしい。裏側には取っ手もなかったのだ。
 中は緩い坂道のトンネルで、握りこぶしぐらいの非常灯が転々と点っている。人間ならかがめば通れるくらいの高さだった。
「ダストシュートか下水道……いや、高速道路のトンネルみたいだな」
 いざとなったらここに逃げよう、と陽向は決意した。
 勿論、この先が何処に続いているのか、逃げられるのかは分からない。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

 こんにちは、有沢です。
 小川町のシナリオ、第六回となります。後編とはいいますが、今回からのご参加も歓迎しております。


 ●現在のPCさんの状況
 前回のシナリオのほぼ直後です。時間は午後6時頃になります。

 ・特に案が無い場合、立花凪は、長谷川陽向を救出する作戦をメールで喫茶店の拠点(の加賀陸と斎藤雨音)に伝えた直後に実行します。
  キマイラには殆ど傷が付けられず回復力が非常に高いため、基本的に銃で応戦して距離を稼ぎながら(かつ巻きながら)拠点へ逃げることになります。
  この場合、作戦に同行できるPCさんは現地にいるホーリー・ホワイトさんとアヅキ・バルさんだけです。
  その他の方は電話等で連絡を取ることは可能です。

 ・全てのPCさんは、開始地点を前回の続きの地点(路上)とするか、拠点へ移動することができます。
  路上もしくは拠点からミナト製薬へ向かうには20分ほどの時間がかかります。
  路上から拠点を経由してミナト製薬に到着するには40分ほどかかります。

 ●ダブルアクションについて
 今回のシナリオは、製薬会社の探索です。
 アクションですが、今回は2アクションかけることが可能とします(アクション文字数が増えたりしませんので、かけないことも可能です)。
 具体的には、
 ・前半~シナリオ開始直後
  立花に陽向を救出しないよう説得するアクションが採用され、誰も救出しない場合は、陽向救出~逃亡が行われます(成功するかは別です)。
  遠距離間での通話、自分のいるスタート地点の短時間の探索、移動などができます。
  つまりシナリオ開始時から30分ほどまでの行動ですが、行動内容によって次のパートの開始時刻が変わります。

 ・後半~製薬会社探索パート、その他の行動
  製薬会社の内部探索パートです。大型キマイラ以外は、こちらから攻撃しない限り基本的には戦闘は発生しません。
  前半の結果にもよりますが、このパートには全てのPCさんが参加できます。事前準備など行動によっては遅れて到着することもあるでしょう。
  また、その他の行動を取ることもできます。
  NPCの立花凪と加賀陸はどの場合でも探索に参加し、斎藤雨音は拠点で連絡係などを務めます。

 ●ミナト製薬会社
  高い塀に囲まれたオフィス。正門は頑丈で施錠されています。
  オフィスの建物とは別に、敷地内に陽向が閉じ込められている倉庫があります。地上三階相当の高さで、コンクリート打ちっぱなしの四角柱です。鍵のかかった頑丈な扉、高所の窓が出入り口です。中に明かりはなく、骨が転がっており、獣臭さが漂っています。

 ・オフィスの建物について
  正面入り口はガラス張りです。施錠されていますが、立花は壊して入ります。
  入り口からは小さな受付カウンターと応接セットが見え、その奥に更にドアがあります。
  中にあるのは以下のような施設です。

 ■「表側」のオフィス
   ・オフィス……最も大きな部屋。机や書類棚、パソコン、コピー機(FAX機能付き)など。一見して普通のオフィスです。なお、スマートフォンに残されていた写真の事務所はもっと狭いものです。
     仕事の殆どは普通の売り上げデータや経理の関係する書類など普通のものです。
     薬品を作るための研究所と工場は別に持っており、薬品は風邪薬や胃腸薬などの普通の薬を開発・販売していたようですが、その他、野生のモンスターの排除に効果的な薬を色々と開発していたようです。
     パンデミック発生後から、「パンデミックに対する特効薬」をここで新しく開発・実験するようになったようです。
     これは奥の研究室で行っており、出入り口の扉に暗号式の鍵を取り付け、暗号は月に一回ほど変更していたようです。
     責任者の机の上には何故か和菓子の本と、運動会のリレーで使うバトンが置いてあります。
   ・休憩室……イスにテーブル、飲み物の自販機、菓子パンやお菓子の自販機。枯れた観葉植物。健康食品や『長生きできる! 秘訣』、『神秘の長寿キノコ』といった本がおいてあります。
   ・倉庫……ガムテープや工具、仕事上必要なもののストック、脚立など雑多なものが置いてあります。開いたままの小動物用ケージが幾つか。
   ・仮眠室……死体があります。ポケットに丸まった細長い紙(セロテープのように巻かれている)が入っており、意味不明のひらがなの羅列「きわあならいこやうもまえち」と横書きで書かれています。
   ・トイレや従業員用ロッカー等

 ■「裏側」のオフィス(スマホの写真などから得られた情報)
   倉庫の側に研究室へ続く鍵のかかった扉があります。ロックを外すと入ることが出来ます。
   扉の側のパネルに、5文字の特定の言葉(ひらがな)を入力すると開く仕様になっています。  ※PCさんの方で特定の言葉を入れる必要はなく、解き方や使用するものが合っていれば開きます。

   ・事務所……扉には閂が高い場所(大人なら手を伸ばして届く程度)にかかっています。何らかの事務作業をする場所。スマホの写真は扉についた窓から内部を映したものです。
      キーケースには色々な鍵がかかっており、牢屋と対応する番号及び「特別室」の下にそれぞれの鍵がぶら下がっています。
      ファイルには今までの研究成果や誘拐した子どもたちの氏名、また誘拐する候補らしいリストがあり、氏名・生年月日・年齢、血液型が記されており、陽向の名前もあります。
   ・牢屋が並んだ場所……鉄格子が嵌まっています。各牢屋には牢屋の番号が付いており、その他被検体ナンバーも付けられています。
      中にはキマイラが一体ずついるようですが、いない牢屋もあります。牢屋は番号が付き、4室ずつ向かい合わせに8室あります。
      そのうちの1室はチワワの部屋で、扉が開いており中で餌を食べています。キマイラの中では、あのライオンの大型キマイラが最大サイズだったようです。
      よく見ると、それぞれの牢屋の床には小さな四角いスリットが入っています。牢屋手前の、牢屋の番号に対応したボタンを押すと、スリットが開く落とし穴です。
   ・子ども用牢屋……キマイラ用牢屋の奥にあり、「特別室」と書かれています。現在子供たちがとらわれています。
      ソファベッドや机と椅子が運び込まれています。
      牢屋の手前にはスペースがあり、簡単なキッチンと冷蔵庫、日用品が入った棚があります。ドッグフード、キャットフードの袋が開いていますが、牢屋の子どもがキマイラを手懐けるために使っているものです。
   ・薄暗い部屋……部屋のプレートに「合成室」と描かれています。閂が高い場所(同上)にかかっており、写真はドアのガラス窓越しに撮ったものです。キマイラらしき動物とケージ、何かの実験器具が並んでいます。
      テーブルの上にいくつかの空のビーカーとフラスコが並んでおり、何かを調合していたようです。
      また、メモが残してあり、「合成時以外:興奮……赤、沈静……青、睡眠……緑、非常時……黒  注:苦みがあるため食事に混ぜること」と書かれています。
   ・閉まった部屋……部屋のプレートに「薬品倉庫」と書かれています。閂が高い場所(同上)にかかっています。
      中は両側に棚の並んだ狭い部屋で、薬品の詰まった箱が幾つも置かれています。ドラッグストアで見かけるような普通の薬が殆どですが、幾つか獣のシルエットが小さく描かれたカラフルな箱が置いてあります。
      黄色の箱にはY、青にはC、ピンクにはMの文字が書かれています。中には箱と同じ色の薬が入った小瓶が沢山並んでいます。
   ・シャワー室、トイレ……普通のシャワー室とトイレです。洗面所にコンセントがあり、充電器が刺さったままになっています。
   ・キマイラ用出入り口……外部と内部を繋いでいるらしいのですが、何処にあるか不明です。

 ●スマートフォン
  チワワにくくりつけられたスマートフォンで電話すると、中の子どもに繋がります。
  シナリオ開始時点では充電中です(充電しに牢屋を出入りできるのは一人の子どもだけです。彼はまだ低学年のため、話がいまいち要領を得ません)。
  何も働きかけない場合、ある程度充電した時点で持ち主のいる牢屋に戻されます。

 ●キマイラについて
 現状では大中小、三匹のキマイラと遭遇しています。その他にも施設内に何匹かいるようです。
 大型キマイラは、案山子のような丸い頭部、ライオンの胴体、鷲の翼、大きなサソリの尾があり空を飛びます。
 中型キマイラは、案山子の頭部に山羊の角、大型犬の胴体、烏の翼があります。被検体10号。倒されました。
 小型キマイラは、チワワの頭と胴体、雀の翼、蛇頭の尻尾を持っています。牢屋の低学年の子どもには友好的ですが、それ以外の子どもには普通、召喚者たちには警戒した態度をとります。

 キマイラは基本的に大型になればなるほど強いのですが、合成された動物にもよります。
 戦闘になった場合、通常の攻撃では倒すことはほぼ不可能です。
 倒すには二つほど方法がありますが、一つは製薬会社の中にあります。もう一つは前回で明らかになっています。


●この地域の主な施設は以下の通りです。全て放棄されており、人の気配はありません。
 ・住宅……新しめの大邸宅から築数十年の一軒家、アパートまで。
 ・喫茶店……郊外型喫茶店。食料はナマモノはありません。現地の拠点です。休息と補給が出来ます。
 ・ガソリンスタンド……燃料が残っており、補給可能。
 ・畳店、何かの店、工場(こうば)……生活に密着した個人商店、個人の工場です。機械や工具、材料が残っています。
 ・オフィス……製薬会社「ミナト製薬」のオフィスです。比較的新しい近代的な建物で、高い塀があり、門にロックがかかっています。敷地内にはあちこちに監視カメラや侵入者を迎撃する銃器が取り付けられています。


 シナリオと無関係な行動としては、小川町内での活動は引き続き可能です。
 ※この行動選択肢を選ばれる場合は、2アクションではなく、普段通りのアクションをお願いいたします。

●海亀公園について
 拠点についてもアクションをかけることは出来ます。
 今までのガイドと基本的には変わりませんが、
 ・井戸を手入れすれば使えそうである
 ・飲料水はペットボトルの濾過装置でそこそこ安定供給がされるようになった
 ・水道水が使用可能になっている
 ・畑は耕されています。現在は豆、小松菜、ジャガイモ、タマネギ、トマト。(その他、既に植えたことにしても構いません)
 ・田んぼには稲が植えられ、収穫途中。(全て収穫した、でもOKです)
 ・ホームセンターからキャンプに使えそうな物を運び入れた
 ・中学校では羊と鶏も利用できるようになりました。


●町の利用について
 住民として認められています。
 町の施設の利用が出来ますが、物資は豊富とは言えません。
 あからさまな監視役はいませんが気にされてはいるので、不審な行動(武器を手に持ったり)は見咎められます。



●最後に
 長文のガイドをお読みいただきありがとうございます。
 探索メインのため色々と情報を詰め込んではいますが、普段通りのアクションをお待ちしております!

続きを読む
  1. 2018/12/28(金) 12:00:00|
  2. リアクション

佳波 まどか

佳波 まどか <名前>
   佳波 まどか
 <性別>
   女性
 <年齢>
   16
 <どこから来たのか>
   日本
 <種族>
   人間
 <身長> 157    <体重> 内緒!(中肉中背)
 <口調>
   少女口調(~よね、~だもん)
 <一人称>
   私
 <二人称>
   (名前)ちゃん
 <性格>
   前向き、明るい






決め台詞

考えたら負けだ!

自由設定

ふりがな:かなみ まどか

日本の普通の女子高生。
親が転勤族で各地を転々としてきた。

「……ここ、何県!?」
状況が分からないまま突然召喚されたたが
”おいしいご飯があれば人間どこでも生きていける”と、
悩むよりも、まずこの地になじもうと動いている

 イラストレーター:綾瀬みゆき

 イラスト一覧

 武器・スキル・アイテム一覧 続きを読む
  1. 2018/12/06(木) 11:16:15|
  2. PC

【コモンシナリオ】第五話 無貌のキマイラ(前編)

第五話 無貌のキマイラ(前編)


マスター:有沢楓花




 
 まんげつ造のある都市から離れたとある場所に、瀬織市という小さな市がある。
 中心部は都会的な賑わいを見せ、離れれば田畑や牧場も見られる、そこそこ都会、そこそこ田舎という何かにつけ便利な市だ。
 その「そこそこ田舎」な場所に、小川町はあった。

 そして、パンデミック後の小川町の自治会は「生徒会」を自称していた。
 なお近隣の高校の生徒会長は長谷川 陽向(はせがわ ひなた)だったが、高校が機能していない今、彼の肩書きは「町長代理」である。町長は小川町周辺部の調査のため長い間遠征していたからだ。
 小川町は町長不在の中、どうにかこうにか生活を維持していた。
 ――そんな秋の日の昼下がり。
「ただいまー! みんな元気にしてた?」
 突如生徒会室に響いた声に、陽向はずり落ちた眼鏡をかけ直した。
「え……あ……町長っ!?」
 まじまじと見れば、確かに扉の前に立っている女性は小川町の町長だった。
 二の句が継げない陽向と目を丸くしている生徒会書記の斎藤 雨音(さいとう あまね)に代わって、警備担当の加賀 陸(かが りく)が怪訝そうに尋ねた。
「いつ帰ったんです? ……見張りは何で報告しないんだ」
「今さっき。叱らないであげて、私が自分で行くからいいって言ったんだ」
「それにしても他の面々は?」
「先に休んでもらったよ。私はみんなの顔が見たくてね。職員室いなかったからこっちかなーって思ってさ」
 彼女は荷物ではち切れんばかりのザックを机に降ろす。
「校庭を見てきたけど、畑も田んぼも良い具合に収穫できそうだし今年も無事に越せそうだね。
 こっちも、牧場からつがいで鶏と羊を貰ってきたよ。牛はちょっと余裕がなかったけど、今後牧場が確保できたらいいとは思う」
 それを聞いて、陽向の顔がぱっと明るくなる。
「羊に鶏ですか! ……今後は服が作れるし肉も食べられる。卵もアレルギーさえなければ良質なタンパク源だし小さい子にも食べやすいな」
 町長はぽんと陽向の肩を叩いた。
「ふふ、陽向が代理をしてくれて助かったよ。雨音も陸もお疲れ様。召喚者の人たちとも仲良くやってるんだって? 挨拶に行かなきゃね!」

                      *

「ご挨拶が遅れまして済みません。私が町長の立花 凪(たちばな なぎ)です。19歳でぎりぎりパンデミックを逃れて年功序列で町長になった、小川町の最年長です」
 朝食時、集められ卵かけご飯を振る舞われた召喚者達の前に立った女性は、切れ長の目を細めてフランクな笑顔を見せた。
 彼女は小川町の住民で初めて出会った大人だった。
 女性にしては背が高く、すらりとした長い手足にほどよく筋肉が付いている。胸の辺りに届く髪をハーフアップにし、化粧もしていた。
 今まで子供たちを多く見ていたせいか、年齢より大人びて見える。
「年功序列などと……誤解を招きます」
 横に立つ陽向が慌てて、困ったように咎める姿が少し幼く見える。
「いいじゃない陽向。貴方たちはともかく私はそう。嘘ついたってごまかしたって威厳なんて元々ないんだから」
 陽向をちらりと見てさらっと言うと、彼女は続ける。
「……そういうわけで、聞いていると思うけど、何人かと長期遠征して偵察をして戻りました。幾らかの成果はあったけど町長代理には敵わなかったですね。一番のネックは年長者の人手だったからです」
 凪は一瞬何か言いたそうな顔を召喚者に向けてから、腕に抱えていた折りたたんだ紙を広げて見せた。
「近隣の街の様子も分かったし、牧場にも行き、武器弾薬は警察署で補充できました。ただ戦力不足で調査が叶わなかった場所、運べなかったものが幾つもあります。
 地図をご覧下さい。この赤丸周辺はショッピングモールへと続く小川町の主要な道路です。
 しかし新種と思われるモンスターの出現が確認されています。召喚者さんたちの力を借りて退治を……って、どうしたの雨音。今くらいスマホはやめて話そうよ?」
 卵かけご飯をぺろりと平らげてから、スマホに目を落としたままの雨音に凪が声をかければ、雨音はゆっくりと顔を上げた。
 口をもごもごさせてから、目を逸らす。
 陽向も怪訝そうに、
「どうしたんだ。斉藤らしくない」
「……ん。次の目標なんだけど……ちょっと気になることがあって、したいことがあるの」
「……どうしたんだ。斉藤らしくない」
「いや、だから……パンデミック前後に小川町や近隣の街から子どもの失踪事件があったのは知ってるでしょ? あの後、失踪した子供たちが目撃されたのは丁度この辺りだったでしょ」
 雨音が見せるようにしたスマホの画面は、「瀬織市こどもニュース」というサイトが表示されていた。
 謎の管理人「四匹の黒猫」が運営するサイトで、各地の真偽の程はそれぞれの、ちょっとしたニュースが入手できる。その中に『未確認情報』という前置きと共に、この辺りに貌のない合成獣(キマイラ)が出没していること、調査に行った近隣住民が行方不明になっていることが書かれていた。
 凪は安心させるように頷いた。
「分かったよ。行方不明が怪物の仕業かは分からないけど、退治と両立は出来るはず。陽向、物資を多めに持ち出す余裕はある?」
「数日分なら問題ありません」
「なら、そうしましょう。出発は三日後。それまでに各自準備をお願いします」

                      *

 一行は自転車で目的地の道路の脇に到着した。
 空き地や畑の間に、まばらに建物が建っている。住宅や喫茶店、ガソリンスタンド、畳店、何かの店や工場、オフィスなど……。
「この辺りには何度か来たことがあるな」
 陽向が言うと、へえ、と雨音が気がなさそうに相槌を打った。
「パンデミック時には子供対象の輸血車が来ていたからな。何度か血を提供してトマトジュースを貰った」
 それを聞いて凪が笑う。
「陽向は小さい頃から生真面目だからね……さて、じゃあ自転車はそこの建物の中に入れちゃおう。それで物資の護衛に二人残ってくれる?
 探索の方は、まず建物を一軒一軒回っていって、物資の回収と痕跡の確認。陸はチームと一緒に先行して進路の確保。入り口と周辺に待機」
 陸が頷いて部下と共に歩き出したとき、草むらから現れた一匹の小型犬が、ゴムまりのように跳ねて陽向の顔にのし掛かった。
「わっ!」
 想定外に重量をかけられた陽向がしたたかに尻餅をつく。
 チワワは小さな濡れた鼻先を陽向の鼻先にくっつけるようにすると、くんくんくんとしつこく匂いを嗅いだ。開いた口からよだれが垂れて顔を濡らす。
「悪いがどいてもら――」
 チワワを押しのけようとした陽向は、手に別の、チロチロとした舌の感触を覚えて視線をずらした。
 そこには蛇の顔があり、喉の辺りで口を開け閉めしていた。胴体はそのままチワワの尻尾があるべき部分に繋がっている。
 飛びかかられてからその間、五、六秒だっただろうか。
「ワンワンワン!」
 チワワがけたたましく鳴いたかと思うと、風が巻き起こり何かが突如落下――否、急降下してきた。
「構えろ!」
 陸の声に銃口が一斉に空に向く。
 ライオンの胴体、鷲の翼、大きなサソリの尾、そして案山子のような頭部には黒髪がたてがみのようになびく。しかし顔がない。
 それは一瞬のうちに陽向の首の後ろを咥えると、危険を察して跳躍し、街頭のてっぺんから店の屋根へと銃弾を避けて飛び、空に舞い上がった。
 咥えられたままの陽向は上空に持ち上げられる。彼は咄嗟に逃げようとしたが、既に地面まで十メートルはあった。
「くそっ、陽向がさらわれる……!」
 陸がアサルトライフルから長距離用のライフルに持ち替えようとしたとき、
「……気を付けて、10時方向!」
 凪の声に加わった銃口が向けられる。今度は犬の胴体に烏の翼の生き物だ。ライオンと同じく顔がないが頭部にねじれた山羊の角が生えている。
 彼女は風のように突進してきた怪物をすんでの所で避けた。
 陸がカバーしてアサルトライフルのトリガーを引くと、獣はさっと体を反転させてアスファルトを走り去っていった。
 いつの間にかチワワの姿も、陽向をくわえたライオンの姿もない。
「……畜生」
 陸が地面の石ころを蹴飛ばすと、それが何かに当たった。
 凪が拾い上げる。
 それは、千切れた紐に厳重にくくりつけられたスマホだった。
 電源ボタンを押すと明かりが付き、中央に正方形の5×5の方眼が表示された。中央のマスに丸い宝石の絵が描かれている。
 更に視線をずらせばその下に4つ、丸い銅色のボタンのようなものがあった。それぞれ王冠、剣を持った兵士、馬、戦車(チャリオット)のシルエットが書かれている。
 指で王冠を押さえると、画面上をすうっと動き、画面の端で放すと元の位置に収まった。
「これは重要な手がかりかもしれない。……とにかく、室内に入って作戦を練りましょう。陽向とこの失態は必ず取り返す」

                      *

 コンクリートの堅い感触に、陽向は目を覚ました。
 薄暗い部屋だった。
 天井が高く、やたら高い位置にある窓――ガラスもはまっていない穴――から夕陽が差していて、かろうじて室内の様子を見ることができた。
 四角いコンクリート打ちっぱなしの部屋には家具らしきものが一切無い。
 見るからに頑丈な金属の扉がひとつある。ドアノブはあったが、回らない。鍵がかかっている。
 それからやたら獣臭く、血なまぐさかった。何かの動物の骨が転がっていることに気付き、ぞっとする。
 腰にはホルスターに付けた魔力を込めるタイプの拳銃が一丁ある。役に立てば良いが。
「そうだ、何か荷物は――」
 振り落とされたのか背負っていた荷物はなくなっていたが、ポケットにはスマホがあった。
 幸い電波は届いていたので、生きていることを凪にメールで送る。
「僕は無事です。周囲の状況は……」
 しかしここが何処なのか、肝心なことは伝えられなかった。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

 こんにちは、有沢です。
 小川町のシナリオ、第五回となります。今回からのご参加も歓迎しております。

 今回は小川町から出まして、周辺の探索・キマイラ退治と失踪事件の手がかりを掴むことになります。
 現状では大中小、三匹のキマイラと遭遇しています。
 大型キマイラは、案山子のような丸い頭部、ライオンの胴体、鷲の翼、大きなサソリの尾があり空を飛びます。
 中型キマイラは、案山子の頭部に山羊の角、大型犬の胴体、烏の翼があります。
         銃弾で出血しました。追っていくと血の跡は次第に量が少なくなり、途中で途切れてしまっています。周辺には住宅があります。
 小型キマイラは、チワワの頭と胴体、雀の翼、蛇頭の尻尾を持っています。


 この地域の主な施設は以下の通りです。全て放棄されており、人の気配はありません。
 ・住宅……新しめの大邸宅から築数十年の一軒家、アパートまで。
 ・喫茶店……郊外型喫茶店。食料はナマモノはありません。
 ・ガソリンスタンド……燃料が残っており、補給可能。
 ・畳店、何かの店、工場(こうば)……生活に密着した個人商店、個人の工場です。機械や工具、材料が残っています。
 ・オフィス……製薬会社のオフィスです。比較的新しい近代的な建物で、高い塀があり、門にロックがかかっています。


 スマートフォンは、陽向のものではありません。
 ロックは、何度か間違えるとヒントが出ます。
「おうさま うらやましがりやの おうさまは そのてで ほうせき とりあげる
 へいたい すすめ すすめ さいごまで きんぴかよろいを たまわるぞ
 うま   にんげんよりも はやいあし じゃまなさくも ぴょんととびこえる
 しゃりん どこまでも はしっていける けれど みちは いっぽうつうこう」
 問題を解くと(他にパスワードを求められるような機能を使用しない限り)使用できます。
 ※正解は一つではありません。また、おおよそ解き方が合っていれば使用できます。操作せずに一定時間経つと再度ロックがかかりますが問題は同じです。



 シナリオと無関係な行動としては、小川町内での活動は引き続き可能です。

●海亀公園について
 拠点についてもアクションをかけることは出来ます。
 今までのガイドと基本的には変わりませんが、
 ・井戸を手入れすれば使えそうである
 ・飲料水はペットボトルの濾過装置でそこそこ安定供給がされるようになった
 ・水道水が使用可能になっている
 ・畑は耕されています。現在は豆、小松菜、ジャガイモ。(その他、既に植えたことにしても構いません)
 ・田んぼには稲が植えられ、収穫途中。(全て収穫した、でもOKです)
 ・ホームセンターからキャンプに使えそうな物を運び入れた


●町の利用について
 住民として認められています。
 町の施設の利用が出来ますが、物資は豊富とは言えません。
 あからさまな監視役はいませんが気にされてはいるので、不審な行動(武器を手に持ったり)は見咎められます。



それでは、アクションをお待ちしております。

続きを読む
  1. 2018/12/04(火) 10:42:22|
  2. リアクション