FC2ブログ

ブログPBM Lost Old

個人運営企画PBMだかWだかの試用サイトとなります。ブラウザ倍率100%推奨

【レアシナリオ】七野瀬の蛟(みずち)

七野瀬の蛟(みずち)


マスター:桂木京介




 
 なかば水没していた。
 集落が、だ。
 水は既に脛のあたりまで達しており、ひどいところでは腰まで浸かる勢いだ。土色の水をじゃばじゃばとかき分け進む作業は、歩行というより水泳なのではないか、そんな錯覚すらおぼえる。
「雨が来るたびこうなるの。今度のは、とくに悲惨」
 だんだん水かさが増している、と厨子川 恵(ずしかわ・めぐみ)は言ってレインコートのフードをかぶり直した。半透明のフードは、自身の呼気でうすく曇っている。
 雨が降っている。恨みがましく、しとしとと。
 すり鉢を想像してみてほしい。正円ではなく、ややいびつな。
 鉢の底がこの集落だ。極端に水はけが悪く、数日雨が続こうものなら、すぐにこんなざまとなる。
 かつてはここまで悲惨ではなかったらしい。
 といっても、パンデミックまでの話だが。
 この集落、七野瀬(しちのせ)も、水花芽県のほうぼうにあるそれと大差はない。つまり、住民は子どもばかりだということだ。住民規模は三十を少し上回る程度。
「見える?」
 足を止めて恵は指を伸ばした。
 坂道というよりは切り立った崖、極端な傾斜の上部から、とめどもなく水が流れてくる。崖の最上部は木々に覆われており、よく見えない。
「水は、あそこからの流入が特に酷い。雨が豪雨に変われば、もうここはおしまいだと思う」
 ならあそこに流れをせき止める設備でも作れば、というわけにもいかない。
「実は堤防がある。堤防というより、自然にできたものだけど」
 蛇に四肢が生え直立したような生物が、斜面上部に巣を作っているという。大きさは一メートル半ほど、手が発達しており原始的な武器を使う。集団行動を好み、折を見ては七野瀬に襲撃をかけてくるという。不幸にして犠牲となった子どもも少なくない。
 生物は、雨龍(あまりゅう)、あるいは蛟(みずち)と呼ばれている。
「蛟の巣穴があり、卵や蛟が身を横たえているから、流入する水はこの程度で済んでる。蛟が一掃されようものなら、きっと七野瀬は沈んでしまうわ」
 かといって――と振り向いた恵は、十七歳の少女とは思えぬほどに険しい顔をしていた。
「やつらの行動が、このところ活発化している。もしかしたら近いうちに、七野瀬を一斉襲撃してくるかもしれない。仮に一斉襲撃がないとしても、こんな雨があと一週間もつづけば、きっとみんな水の底……」
 つまり、こういうわけか。
 このままでは蛟の大襲撃で滅ぶかもしれず、
 あるいは、雨と流水によって溺れるかもしれない。
 かといって蛟退治を行えば、どっと流れ込んだ水でやはり溺死だ。
 どうして、と疑問を感じたとしてもおかしくはない。
 どうして七野瀬の住民たちは、こんな危険な集落を捨て他所(よそ)に移住しないのか――?
 そのとき急に、雨脚が強まった。
「私も、幾度となくそれを主張してきた」
 蒸し暑い、と言って恵はフードを脱いだ。みるまに雨にさらされ、髪は湿り額を水が伝う。
「でもみんな、特に小さい子は拒絶した……ここには墓があるから。あのパンデミックで死んだ……みんなの親たちの。墓を離れるくらいなら沈んで死ぬって」
 バカみたい、と恵は言った。頬を雨粒が伝い落ちる。
「ここで墓を守っていくら待ったって、誰も……誰も帰ってきやしないのに……!」

――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

 はじめまして、新人マスターの桂木京介です。
 私にとってはじめてのシナリオをお送りします。不慣れな点もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

概要:
 ジレンマを描いたシナリオです。
 敵である蛟(みずち)を滅ぼせば、一気に七野瀬(しちのせ)集落は水没するかもしれず、かといって座して待つならば、近いうちに水没、ないし蛟の害でやはり集落は滅亡です。
 こんな場所からはさっさと移住するのが一番なのは言うまでもありませんが、父母の遺骨が眠る土地を、子どもたちは離れたがりません。
 集落の子どもたちを説得し移住させる、蛟を倒し水害も免れる手段を講じるなどの解決方法が考えられます。頭の使いどころですね。

成功条件:
 唯一の正解があるシナリオではありません。子どもたちにこれ以上の犠牲を出さないという結果になればどのような展開でも(仮にそれが強制的に移住させるという結末であっても)成功とします。
 蛟の一掃は成功条件には無関係です。

情報:
>蛟(みずち)について
 蛇から進化したと思わしき亜人です。
 知性はあまりないものの、集団で狩りを行う習性があります。槍や棍棒など、簡単な武器も使います。変温動物なので、雨で気温が下がっている状態であれば与しやすい相手と言えましょう。
 一匹一匹はさして強くありません。一対一であればかけだしのキャラクターであっても楽に勝てるでしょう。徒党を組むといっても行うの包囲攻撃くらいで、戦略的な行動も苦手です。ただし、推定五十匹前後いるようなので、数にだけはお気を付け下さい。
 巣穴には多数の卵を置いており、卵を守る兵士は円月刀など強力な武装を持ち腕も他の蛟を上回ります。

>七野瀬(しちのせ)の子どもたち
 十歳未満の年少者が多く、リーダー格の厨子川 恵(ずしかわ・めぐみ)もわずか十七歳です。経験の浅い恵は、集落を統率しきれていないようです。


 ご参加お待ち申し上げております。
 それでは次は、リアクションでお目にかかりましょう。
 桂木京介でした。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/09/26(水) 22:40:00|
  2. リアクション

魔風術(PC・公 玲蘭)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔風術



風を操る魔術。突風を手から起こしたり
圧縮した空気を飛ばして破裂させる事が出来る。
周りに風を巻き起こしても出来る。
殺傷能力は低いが応用は利く。




  1. 2018/09/25(火) 08:35:35|
  2. スキル

神楽岡 航

神楽岡 航 <名前>
   神楽岡 航(かぐらおか こう)
 <性別>
   男性
 <年齢>
   16
 <どこから来たのか>
   原住民
 <種族>
   人間
 <身長> 176cm
 <体重> 67kg

 <口調>
   冷静な口調「~だ、~だろう」、年上には敬語​「~ですね、~でしょう」
 <一人称>
   俺
 <二人称>
   「~くん」、「キミ」
 <性格>
   真面目で考えすぎるめんどくさい性格






決め台詞

「俺たちは自分の足で立てるようになるべきなんだ」

自由設定


かつてワクチン製造の第一人者だった大手企業の跡取り息子。
幼いころから英才教育を受け、自身も同様の栄光の道を進むはずだ​ったが、世界を救うはずだった父の研究で、多くの人の命を奪って​しまったことでそのレールは大きく外れる。

その後、独自に多くの子供たちをまとめ、自身が持つ知識を利用し​たコミュニティを作る。
漫月については、噂は聞いていたが実際に召喚を見るまで存在を信​じていなかった。

来訪者に対しては、申し訳ない気持ちがありつつも、頼ることで原​住民の自立が遅くなると考えており、積極的にかかわることを避け​ようとする。
それが周りからは、来訪者嫌いと認識されている。
  1. 2018/09/21(金) 22:45:43|
  2. PC

魔兵装・剣(PC・公 玲蘭)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔兵装・剣



※説明 未来的なデザインが施された剣。普通の剣よりも軽く、持ちやすい。不可視の魔法エネルギーで覆われている。

☆能力
剣から放たれる魔法エネルギーで敵を斬る。実際には剣自体が敵に当たることはない為、どれだけ硬い相手に使用しても折れることはない。




  1. 2018/09/18(火) 07:22:00|
  2. 武器

魔兵装・爪(PC・ヴォルク)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔兵装・爪



※説明 両拳に装着して使う。爪は五本あり、長く、もしかしたら鍬としても使えるかもしれない。

☆能力
普段はナックルのような見た目で爪は出ていないが、使用者の意志を読み取り、光の爪が現れて敵を攻撃する。威力はダイヤモンド製の爪と同程度。念じるナックルから発射され、飛び道具としても使える。
戦闘後に綺麗にネイルが塗れていい感じに乾く。使用者が男性でも同様の効果が発揮される。





  1. 2018/09/03(月) 23:41:09|
  2. 武器

魔兵装・牙(PC・ヴォルク)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔兵装・牙



※説明 鋭い牙がついた入れ歯。なぜかどんな口にもフィットする。元々は人間用ではなく、訓練された犬に装着する為に開発されたもの。牙のサイズ(見た目)は使用者の意志によって変えられるが、威力は共通。

☆能力
敵を噛みつくと、牙から攻撃魔法が噴出して相手にダメージを与える。噛みついた際に穴が開くかどうかは牙のサイズに依存される。大きな牙であれば大きな傷が出来て大出血を起こす可能性もある(物理)。小さな牙であれば痕が残る程度であろうが、攻撃魔法による痕は必ず残る。




  1. 2018/09/03(月) 23:38:57|
  2. 武器

魔兵装・剣(PC・ヴォルク)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔兵装・剣



※説明 未来的なデザインが施された剣。普通の剣よりも軽く、持ちやすい。不可視の魔法エネルギーで覆われている。

☆能力
剣から放たれる魔法エネルギーで敵を斬る。実際には剣自体が敵に当たることはない為、どれだけ硬い相手に使用しても折れることはない。




  1. 2018/09/03(月) 23:32:19|
  2. 武器

魔兵装・刀(PC・ヴォルク)

キャラクターページ
武器・スキル・アイテム一覧


魔兵装・刀



※説明 未来的なデザインが施された刀。刀身は普通の刀よりも重みがある。不可視の魔法エネルギーで覆われている。

☆能力 
刀身から放たれる魔法エネルギーで敵を斬る。実際には刀身が敵に当たることはない為、刃こぼれがない。

  1. 2018/09/03(月) 23:28:57|
  2. 武器

【ショートシナリオ】第四話 小川町のプール開き

第四話 小川町のプール開き


マスター:有沢楓花




 
 まんげつ造のある都市から離れたとある場所に、瀬織市という小さな市がある。
 中心部は都会的な賑わいを見せ、離れれば田畑や牧場も見られる、そこそこ都会、そこそこ田舎という何かにつけ便利な市だ。
 その「そこそこ田舎」な場所に、小川町はあった。


                       *


 パンデミック後の小川町の自治会は「生徒会」を自称していたが、「夏休み」を取る・取らせるような余裕はなかった。
 ぎりぎりの人数で「回して」いる――破綻しないだけマシ、まだインフラが保たれているという幸運によるもの――からである。

「……というのではつまらないという声が小さな子どもたちから上がっている。
 浄水場も復活したので、熱中症予防の観点からも適切な水の使用法の講座を開き、その後はレクリエーションを兼ねて……」
 小川町中学校の職員室。
 町長代理の長谷川 陽向(はせがわ ひなた)はホワイトボードに貼った小川町の地図から中学校の敷地内の一点を指さした。
「ささやかながらプール開きのイベントを行いたいと思う」
 生徒会書記の斎藤 雨音(さいとう あまね)が手を上げた。
「はーい、長谷川先生。浮き輪は使っていいの?」
「ドーナツでもイルカでも許可する。ああ、ただし役員の斉藤には監視員をしてもらう」
「……分かったわ、ただし夜には泳がせてもらうわよ」
 しぶしぶ雨音が頷いたのを確認して、陽向はもう一人の少年を見た。
「警備からも人を出して、プールや、プール前に設置する屋台の見回りをしてもらおう。大して物資がないから、かき氷と綿あめの無料屋台くらいしか出せないが……」
 加賀 陸(かが りく)が首をかしげる。
「警備は了解した。後は俺は射的の屋台を出そうかと思っている。ところで綿あめなんか作れるのか? 自作は難しいようだが」
「丁度綿あめ作りの玩具があるんだ。色つきの飴を使えばカラフルになって見栄えが良いそうだ」
 陽向の口元が緩んでいるのを見て、雨音が指摘する。
「あ、長谷川も楽しみなの? 泳ぎたいなら誰かに本部に詰めててもらえば?」
「いや、子どもたちの笑い声が聞けそうだからで……もちろん水の事故には気を付けなければならない。昔、プールの時期になると学校からプリントを貰っただろう?」
 そう言いながら原案の紙を雨音に差し出す。
「はいはい、これを新聞にまとめればいいわけね――うん、今日中に片付けておくわ」

 そうして、プール開きの臨時号が掲示板に貼られることになったのでした。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

 こんにちは、有沢です。
 小川町のシナリオ、第四回となります。今回からのご参加も歓迎しております。

 今回は小川町のフリーシナリオとなっています。
 前回浄水場が無事使用可能になりましたので、水使い放題なシナリオになりました。
 舞台としては小川町の町内のみとなっていますが、ある夏の一日、買い物をしたりプール開きに参加したりできます。
 また、今回から小川町内の空き家が召喚者の希望者には提供されていますので、住居を移している・移すことができます。

 プール開きは中学校で行われます。諸注意・講座の後にプールが解放され、夏の一定期間の間利用できるようになります。
 プールにはビート板やドーナツ型(やドーナツの絵が描いてある)、イルカ・アヒル型などの大型から小型の浮き輪、ビーチボール、水鉄砲などが用意されています。

 また中学校の校庭にはかき氷と綿あめ、麦茶、射的の小さな屋台が置かれます。
 学校内ではうちわや扇子などの工作、浴衣の着付け、夜には花火(手持ち)などちょっとしたイベントも行われます。
 プールで泳ぐもよし、自分たちで屋台を出すのもよし、休日だけど仕事に精を出してもよし。です。


それでは、アクションをお待ちしております。


続きを読む
  1. 2018/09/02(日) 00:14:00|
  2. リアクション