ブログPBM Lost Old

個人運営企画PBMだかWだかの試用サイトとなります。ブラウザ倍率100%推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レアシナリオ】子供たちの学校生活【戦闘なし】

子供たちの学校生活


マスター:灰島懐音




 
 子供達の学校を作ることが決まってから、相談と準備は順調に進んだ。まんげつ造の近くには、廃校になった学校がある。元は女子高だが、今はそんなことは関係ない。
「ん……」
 たまたま散歩をしていた時、神凪 巡が正門前で立ち止まった。柚本 メイも、彼女の視線を追って驚いた声を上げる。
「あれっ?」
「どうした?」
 月読 布留部は興味なさげに訊く。二人の少年少女が見ているのは校舎の昇降口だ。そこで、窓拭きをしているセーラー服姿の少女がいる。普通の光景のような気がするが――。
「ここ……廃校になったはず、なの」
「そう。大人が死んだから、先生がいなくなって、学校ぜーんぶ廃校になったからさあ。んー? 何してんだろ?」
 なるほど、それなら確かに人が居るのはおかしい。布留部が納得していると、その女学生が走り寄ってきた。
「月読さん! 忍び込みガチャ第一号のレア、月読さんですね! 僕、一番最初に召喚されたから、一番同士ちょっと親近感持ってたんですよ!」
「はあ、そりゃどうも」
 生返事をしつつ、ふと、女学生の一人称に違和感を覚える。『僕』。女性はあまり使わないチョイスだ。まさか、と嫌な予感がし、布留部は女子高生をじっくり見る。……脚が柔らかそうじゃない。腕にも見慣れた男らしさがある。
「……、……女装?」
 眉根を寄せ、顰め面で言うと、少女――いや、少年は、なんてことないように笑った。
「あ、これですか? ここ女子校で、制服がセーラー服しかなくて。元々着てきた服が汚れちゃったので、仕方なくこれを」
「ジャージは?」
 布留部はすかさずツッコミを入れる。
「ジャージ? ああ、ありましたよ。それも、女の子用ですけど」
「なぜそれを選ばなかった?」
 男がスカートを履くのは、民族衣装的な意味合いでは納得できるが、こんなコスプレのような女装にはなかなか頷けない。
「切菜さんにセーラー服を勧められて、すごく嬉しそうだったので……僕も嬉しかったし」
「嬉しかったのか」
「はい、姉達に着せかえられてた頃を思い出して……あ、僕は緒方 唯我といいます」
「……、……ご丁寧にどうも。知ってるみたいけど、俺は月読布留部だ。布留部でいい」
「はぁーい俺ちゃん柚本メイ。好きに呼んでいいよー」
「神凪、巡。……よろしくね?」
「はい、よろしくお願いします!
 ……あ、そうだ。布留部さんたち、手伝ってくれませんか?」
「手伝う? 何をだ」
「それが、今日が開校予定なんですけど、先生は少ないし掃除も終わってないしで大変で……。臨時でもいいので先生やりませんか? 生徒でもいいですよ」
「って言ってもなあ。俺にメリットねえじゃん」
「メリットとか別にいーじゃん、面白そうだし」
「……生徒……なら。できるよ」
「わー、ありがとうございます! じゃあここにセーラー服があるのでこれに着替えて……」
「そもそも俺は乗り気じゃねえぞ。あと女装なんざ言語道断だ、断る」
「えー、断るのぉ?」
 メイが残念そうな声を出す。ニヤニヤしている辺り、面白がっているらしい。
「仮に先生役をやるんなら着替える必要ねえだろうが」
「やってくれるんですね!」
「仮に、ってつけたぞ。聞いてたか?」
「では、よろしくお願いします!」
 だから人の話を聞け。そう思ったが、唯我はニッコリと可愛らしく笑うと「さあ、頑張るぞー!」と意気込んで学校に戻ってしまった――。


――――――――――――――――――――――――――――――――

<マスターコメント>

こんにちは、灰島です。

こちらは【コモンシナリオ】「一日の始まりは自宅から」の派生シナリオとなります。
子供たちに読み書きその他を教えるために学校を作ることになりました。
場所はまんげつ造近辺にある元女子校です。

結構な広さのために人手が足りません。
先生も掃除要員も足りません。他にも色々足りないかもしれません。

子供たちの先生として何かを教えたり、
学校としてまだ足りないところがあると思ったらそこを補間したり、
など、スタートしたばかりの学校で一日を過ごしてください。


ちなみに、この学校に
「制服を着なければならない」というルールはありません。
私服で大丈夫です。


・NPCについて
切菜と唯我はどこかで忙しくしているようですが、本編には登場しません。


□布留部
お掃除する。とりあえずお掃除する。ハウスダウトは消滅せよ(綺麗好き)。
学力東大レベル。先生役もやらないことはない。
生徒役に選ばれたら「俺ァ29歳だっつってんだろうが……」と睨まれます。

□メイ
学力は中学生レベル。
小学生のお勉強くらいなら教えられます。
生徒役も、楽しそうね~と言って乗り気です。

□巡
学力小学校高学年レベル。
ひらがなと足し算くらいなら教えられるが、そもそも教えることが下手なので手を出そうとはし考えもしていない。
生徒役。


※重要※
布留部くんやメイが先生役をやる場合ですが、
大前提として灰島の学力が足りていないので詳しいことは一切教えられません。
恐れ入りますが、生徒役アクションの際はぼかした書き方をしていただけますと幸いです



以上となります。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/03/16(金) 12:00:00|
  2. シナリオガイド

プロフィール

sawaki

Author:sawaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
スケジュール (2)
PC (22)
クリエイター募集 (1)
お知らせ (9)
ストーリー (3)
シナリオの遊び方 (6)
マスターページ (3)
NPC (9)
クリエイター一覧 (3)
イラストレーターページ (7)
シナリオガイド (1)
リアクション (15)
キャラクター別イラスト (6)
プライベートシナリオ (1)
武器 (14)
武器・スキル・アイテム一覧 (18)
スキル (34)
アイテム (7)
防具 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。